リボ払いのことを知ろう

リボ払いというのは、クレジットカードの支払い方法のひとつで、正式にはリボルビング払いと言います。
クレジットカードでは、通常1回払いから始まって希望の回数を支払い回数に選ぶことが出来ます。
支払い回数が少なくなるほど、一回あたりの支払い額が増えますが、利息はその分減り、逆に支払い回数を増やすと1回あたりの支払額が減り、利息は増えるということになるのです。
これが分割払いです。
しかし、リボ払いでは分割払いにように回数を指定するのではなく、毎月の支払い額を定額にすることで、月々の支払い負担を一定に出来るというものです。
家計におけるクレジットカードの支払いが占める割合が変わらないので、計画的な買い物がしやすくなります。
ただし、いつまでも一定額を支払い続けるというのは良いことのようにも思えますが、分割払いは1回毎に支払い回数を決めるので、複数の買い物をして1回当たりの支払額が増えたとしても、回数は増えず利息負担までは増やすことはありません。
対してリボ払いは、とにかく1回あたりの支払いは定額となり、それ以上は次に繰越しとなります。
もしも、定額を越えた状態で、買い物を続けたとしたら、前回の買い物分は支払い終わったけれども、次の買い物の支払いをしなければいけない、というようにいつまでたっても支払いが終わりません。
支払い期間が延びれば延びるだけ利息の合計は増えていくわけですから、実質的に高金利で買い物をすることになります。
リボ払いは上手に使わないと債務が膨らんで自己破産をすることになるので、注意深く使用する必要があります。
リボ地獄からの脱出方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です